ジャングルさんの双眼鏡・単眼鏡レビュー Binoculars and Monocular Review

素晴らしい銘機から普通機まで、双眼鏡・単眼鏡についてその覚書

焦点内外像 Testing Binoculars Optics

サイトロン  SIGHTRON SV 842 ED

サイトロン SIGHTRON SV 842 ED サイズ 横・厚・縦 145x55x181 mm とAKプリズム採用により長く、横幅がある 重量 968g 最短1.8m メーカー公表、実測1.5-1.6m 見かけ視界 旧基準64° 、実視界8° 当ブログで購入直後のファーストインプッレッション、人工星によ…

SWAROVSKI CL Curio 7x21 

今回はあまり冷静にレビューできません。お好きな方は是非ともお求めください。 終わり。 超まとめ ・デザイン性優先でありつつも使用感や操作の快適さに一切影響なし。 ・光学性能はこのクラスでトップクラス ・見て持って、所有する喜びに満ち溢れた製品 …

本物のプロ機 装備品 Fujinon Stabiscope S1640

以前レビューしたFujinon TS-X1440は民生用の防振双眼鏡でありながら電子ジャイロの信号を元にプリズムをダイレクトに駆動させ広い補正角度±6度を実現しています。 実際のブレ補正能力も大きな揺れに対して強力で、手ブレというよりはもはや自分が立っている…

古典ポロ機の完成形 Nikon 8x30 EII

久しくポロプリズム双眼鏡は所有も使用もしていませんでした。理由はいくつかありました。 ・見た目が「 The 覗いてる」を体現している形状(まったくの主観です) ・最短距離が長く自然観察に適さないケースがある ・内面反射処理とプリズム構造的な課題が…

TS-X 1440 人工星焦点内外像

TS-X1440 焦点内像(左)焦点外像(右) 実は何度も撮影をやり直し、左右鏡筒も比較しました。ジャイロ通電と手ブレ補正作動の有無とも比較しました。結果はほぼ変わりません。 今回はLED光源 5500Kのホワイトのみ掲載します。 正気に言いますと、どう解釈し…

Swarovski ATX 25-65x 85 スコープ Part.1

先日、BirdforumにてSwarovski ATX-115:Star-test and Resolution Measurementなる投稿がされ、その内外像が光学性能的によろしくなく、議論になっていました。 結論としては、「スワロのスコープはATXやSTXアイピースモジュール内のプリズム で対物ユニット…

RICOH PENTAXの良心 気になる双眼鏡 AD 8x36 WP Part.2

肝心の光学性能的な見え味の話です。 中心のごく狭い範囲(みかけ視界直径5度未満と極端に狭い)は鋭像で優秀なポロ機中心像に肉薄と言えば大袈裟ですが結構良いところまで迫っています。 当初店頭で見た際には「明るく健康的な色彩でコントラストも良いけど…

Swarovski NL Pure 10x42 焦点内外像  ( SLC 7x42 とも比較)

(訂正)Jan 2022 NL Pure 10x42の焦点外像 画像が実際には焦点内像の別カットを掲載していました。 謹んでお詫び申し上げるとともに、LED 6500K ピンホールによる焦点外像と焦点像を掲載しなおします。 記載内容も一部修正いたしました。 -----------------…

Nikon WX 10x50 IF 焦点内外像

WX 10x50 IF 焦点内像 WX 10x50 IF 焦点外像 Nikon WX 10x50 IF ピンホール人工星像による焦点内外像です。 6500K White, Red, Green, Blueの順です。 テスト概要と注意点は以下リンクをご一読ください。 ピンホール焦点内外像による双眼鏡描写の理解 - ジャ…

サイトロン SV 842 ED 焦点内外像

(訂正)Jan 2022 SV 842 EDの焦点外像 画像が実際には焦点内像の別カットを掲載していました。 謹んでお詫び申し上げるとともに、LED 6500K ピンホールによる焦点外像と焦点像を掲載しなおします。 記載内容も一部修正いたしました。 ---------------------…

ピンホール焦点内外像による双眼鏡描写の理解

梅雨のあいだ星も鳥も見る機会がめっきり減りましたので、人工星でも眺めてみましょうかというのが発端です。 嘘です。 海外の双眼鏡や望遠鏡に関するサイトでは、その機材について数値化した評価がされているケースを多く見かけます。あくまで主観的な体験…